Home » 健康 » 太陽光の量と日焼けの影響について

紫外線に含むa波は、硝子を透過する性質を持っている為に、家に居るときでも日焼けのケースがあります。紫外線には、A波・B波があるのです。B波は雨の日など気候で増減しますが、それでも空に注ぐ紫外線の1つではあります。

一年のうちに、紫外線の量が一番高くなっているのは5~9月にかけてといわれてます。5月の太陽光線はまだまだ盛夏のような強さがなく、まだまだ紫外線の対処はないと思っているひともたくさんな様なんです。どんどん服が増えていき、袖丈や、パンツが短くなってくるので、それこそ紫外線の対策が重要となるのです。

汗をかいてしまうことも、夏の紫外線の予防で気に掛けておきたい所なんです。日焼け止めクリームは汗で流れ消えることがあるので、よく直して、日焼け止めのクリーム作用をキープしていきましょう。

紫外線をカットしてくれる作用がどの程度あるのかは、日焼け止めクリームにより違うため、SPF値を参考にして、自分にピッタリな商品を見つけ出しましょう。SPF値の高い日焼け止めのクリームを1度に大量に使用するより、数が低いものを何回もつけるのが日焼け止め効能が良いといわれます。

日焼け止めのクリームをつける時には、肩や、鼻、額のような、紫外線を浴びているところは、頻繁に付けて下さいね。

AM10:00~、午後2時までの間は、紫外線がたいへん多いということを押さえて動くようにしましょう。紫外線の強くなる季節だけでなく、年間を通して、紫外線の予防をおこなう事が皮膚のためです。